病院経営ケーススタディー

医療経営コンサルタントの工藤高先生が病院経営をケーススタディで解説!

[case:01] ケアミックスを看護師募集の強みに
[case:02] CT待機期間の短縮作戦を実行
[case:03] 理不尽な行政指導
[case:04] 医師事務作業補助者の試算
[case:05] 病棟への薬剤師配置を考える
[case:06] ABC分析による医療連携
[case:07] 「在宅復帰率ほぼ100%」の理由
[case:08] “急性期原理主義”の院長に回リハ転換を説得
[case:09] リハビリが足らないが人は増やせない公立病院
[case:10] 突然増え始めたリハビリの減額査定、理解不能なローカルルール
[case:11] 救急搬送が多いのに救急医療係数が低い?
[case:12] 重症患者多いのにICU稼働率がなぜ低い?
[case:13] 重症度、医療・看護必要度を試算。予想外の低さに呆然
[case:14] 転換した地域包括ケア病棟の稼働が低迷! 犯人は……
[case:15] 回リハ「実績指数」クリアに難渋、原因は病床稼働率を優先する理事長方針
[case:16] “食事療養費の引き下げ”と“人材不足”で、栄養サポート加算も危機
[case:17] クリニカルパスが嫌いなセンター長、治療の標準化に向けた一手とは?
<近日公開予定>[case18] 病床数維持にこだわる院長、病棟転換で“医療生態系”にも影響が
<近日公開予定>[case19] 「病棟郡単位」で大規模リストラを主張、しかし……
<近日公開予定>[case20] 「認知症ケア加算は採算が合わない」と主張する事務部長