利用規約

「Clinical Cloud」利用規約(以下 「本規約」 といいます。)は、Doctorbook株式会社(以下「当社」といいます。)が「Clinical Cloud 」として提供する各種サービスについて適用されるものとします。

 

第1条(定義)

    1. 本規約においてClinical Cloudとは、インターネットを介して提供する院内教育支援サービスおよびこれに付随するメール配信その他のサービスの総称をいいます。その時点の最新のサービス内容に関しては、Clinical Cloudのサイトにてご確認ください。
    2. 「申込者」とは、Clinical Cloudの利用を当社に対して申し込んだ医療機関等をいいます。
    3. 「会員」とは、申込者の役員、従業員、その他構成員のうち、当社所定の手続きを経て、Clinical Cloudのアカウントを取得した方をいいます。
    4. 「登録情報」とは、申込者または会員がClinical Cloud申込時に当社に提供した情報またはアカウント発行時に当社に提供した情報をいいます。

 

 

第2条(Clinical Cloud利用申込および規約の適用)

    1. 申込者は、Clinical Cloudのサービス内容および本規約を理解・承諾の上、当社の定める手続きに従いClinical Cloudの利用を申し込むものとします。
    2. 申込者は、会員に本規約の内容を遵守するよう必要な管理をするものとし、会員による本規約の違反の責任を負うことに同意するものとします。当社は、会員によるClinical Cloudの利用に際して、本規約を理解・承諾しているものとみなします。
    3. 当社がClinical Cloudにおいて申込者または会員に対して提示するポリシー、運用ルール、その他の通知等は本規約の一部を構成するものとします。
    4. 当社は、当社所定の方法により相当の期間を定めて申込者および会員に対して通知することにより、Clinical Cloudのサービス内容または本規約の一部または全部を変更することができるものとします。規約の変更後、会員がClinical Cloudを利用した時点をもって本規約の変更に同意したものとみなします。

 

第3条(アカウントおよび登録情報)

    1. 当社は、申込者からClinical Cloud利用申込を受領後、これを承諾した場合、申込者に対してClinical Cloudの提供を開始するものとします。
    2. 当社は、利用を承諾した申込者の構成員のうち、会員となることを希望する方に対して、当社の定める手続きに従いClinical Cloudの利用に必要なアカウントを発行します。会員はClinical Cloudの利用期間中、本規約の定めにしたがいClinical Cloudを利用することができるものとします。
    3. 申込者および会員は、登録情報の内容について責任を負うものとします。登録情報の内容に誤り、または変更があった場合、当社の定める手続きに従い情報の修正、変更をするものとします。
    4. 当社は、登録情報に誤りや事実と異なる内容が含まれている場合、その他当社が適当でないと判断した場合、アカウントを発行せず、または発行したアカウントを失効、停止させることができるものとします。
    5. アカウントは会員ごとに発行するものであり、アカウントを発行された会員以外の第三者に対してこれを貸与、譲渡し、その他当該会員以外に利用させることはできません。
    6. 申込者および会員は、自らの責任で適切にアカウントを利用、管理するものとします。当社に故意又は重過失がある場合のほか、第三者によるアカウントの利用により申込者又は会員に生じた一切の損害について、当社は責任を負わないものとします。

 

第4条(利用期間)

  1. 利用期間は別途定めのない限り、特に定めないものとします。
  2. 申込者は、Clinical Cloudの利用の終了を希望する場合、終了を希望する月の前月末日までに当社に対して、当社の定める方法に従い通知するものとします。
  3. 当社は前項の定めに従い利用の終了を希望した申込者または申込者に所属する会員のアカウントに関連して当社が取得した情報(Clinical Cloudにおける閲覧・利用履歴、登録情報を含みますが、これに限りません)を削除することができるものとします。なお本項の定めはこれらの情報を削除する義務を当社に課すものでなく、また、本規約の他の条項において当社にこれらの情報の保管義務を課すものでもありません。

 

第5条(Clinical Cloudの停止)

    1. 当社は、次の各号に掲げるいずれかの事由が生じたときは、申込者または会員に対するClinical Cloudの提供を停止し、または当社の判断により必要な措置を行うことができるものとします。
      1. 戦争、暴動、騒乱、停電、火災、地震、噴火、洪水、津波、官公庁からの命令または、Clinical Cloudの提供に関わる電気通信事業者若しくはその他の者(以下、併せて「提携会社」とする)の労働争議等の不可抗力が発生したとき
      2. Clinical Cloudに動作不具合が生じたとき
      3. Clinical Cloudの更新、改良または修正等を行うとき
      4. Clinical Cloudに接続する提携会社等の電気通信設備その他の装置に動作不具合が生じたとき
      5. 法令等により政府機関または本サービス用設備に接続する提携会社等が当社へのサービスの提供を中止または中断したとき
      6. 法令等に基づき、災害の予防もしくは救援の必要があるとき、通信若しくは電力供給の確保の必要があるとき、または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために、緊急を要する通信を優先的に取り扱う必要があるとき
      7. Clinical Cloudを提供するために必要な設備の毎月のメンテナンス、保守または工事上やむを得ないとき
      8. 申込者がClinical Cloudの対価等の支払いを遅滞したとき
      9. 申込者または会員が法令または本規約に違反したとき
      10. その他、Clinical Cloudの運用上または技術上の相当な理由があるとき
    2. 当社は、前項の規定によりClinical Cloudを停止しようとするときは、あらかじめ申込者に通知するものとします。但し、緊急やむを得ないときはこの限りではありません。
    3. 当社は、当社の故意または重過失による場合を除き、本条に基づき当社がClinical Cloudの提供を停止したこと、措置を行ったことまたはこれらの行為を行わないことにより申込者または会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第6条(サービスの利用料)

  1. Clinical Cloudの利用料は、初期費用500,000円(消費税および地方消費税等を除く。)月額利用料50,000円(消費税および地方消費税等を除く。)とします。
  2. 月額利用料の請求及び支払は利用開始月の翌月より開始するものとします。
  3. 申込者と当社の間で別途合意した場合を除き、月途中のClinical Cloud利用終了に伴う月額利用料の日割り清算は行わないものとします。
  4. 前各項に定めるもののほか、Clinical Cloud内で特に定める利用料がある場合は、当該規定に従うものとします。

 

第7条(利用料の支払い)

    1. サービス利用者は当社に対し、本条に定める方法で利用料を支払うものとします。
    2. 初期費用については、当社より発行した請求書で指定の銀行口座に、請求書発行月の翌月最終銀行営業日までに、申込者の手数料負担にて振り込むことで支払うものとします。
    3. 月額利用料については、利用月の翌月23日までに当社所定の銀行口座に申込者の手数料負担にて振り込むことで支払うか、利用月の翌月23日に申込者の指定の銀行口座より引き落としとします。支払方法については申込者による申込時に決定するものとします。

第8条(知的財産権の帰属)

  1. 当社が申込者または会員に対してClinical Cloudを通じて提供する、動画、文章、画像、音声、音楽、プログラム等の著作権その他一切の知的財産権は、当社又は正当な権利を有する第三者に帰属するものとし、申込者または会員は、これらのコンテンツを、「Clinical Cloud」サイト内に限り、当社の定める方法によってのみ利用することができ、複製、転載、その他これに準じる行為を行うことを禁止します。

 

第9条(禁止事項およびアカウントの停止等)

    1. 申込者または会員は、以下の事項を行ってはならないものとします。
      1. Clinical Cloudを不正の目的をもって使用すること
      2. 登録情報その他Clinical Cloudを通じて当社に提供する情報について、意図的に虚偽または誤解を生じるおそれのある情報を提供すること
      3. 当社の承諾なく、営利を目的としてClinical Cloudを利用すること
      4. Clinical Cloud上で発生した不具合を利用すること
      5. 当社または第三者の信用を毀損もしくは誹謗中傷し、またはそのおそれがある行為を行うこと
      6. 本規約の定めに反する行為を行うこと
      7. その他当社が不適当・不適切と判断すること
  1. 申込者または会員が前項に反した結果、申込者または会員または第三者が被った損害について、当社はいかなる責任も負いません。
  2. 当社は、申込者または会員が第1項に定める事項に該当すると判断した場合、事前に通知することなく、当該会員または申込者に属する会員全てのアカウントを停止、失効し、または将来にわたって申込者または会員のClinical Cloudの利用を禁止する等、当社が適切と判断した措置をとることができるものとします。これらの措置に伴い申込者または会員に発生した損害について、当社はいかなる責任も負いません。

 

第10条(非保証等)

  1. 申込者または会員は、Clinical Cloudが提供するコンテンツの内容が、申込者または会員の特定の目的に適合すること、その期待に沿うものであること、その正確性、最新性、有用性、その他一切について何らの保証をするものでないことを了承の上、自らの責任においてClinical Cloudを利用するものとします。

 

第11条(Clinical Cloudの終了)

    1. 当社は、申込者に対して1ヶ月前までに通知することにより、Clinical Cloudの一部または全部を終了させることができるものとします。

 

第12条(反社会的勢力の排除)

  1. 申込者および当社は、相手方が以下に該当する場合に、相手方に対して催告することなくClinical Cloudの利用を終了することができます。
      1. 暴力団、暴力団員、暴力団関係者、暴力団関係団体・企業またはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)、公共の福祉に反する活動を行う団体、およびその行為者である場合、または、反社会的勢力であった場合
      2. 自らまたは第三者を利用して、他方当事者の業務を妨害した場合、または、妨害するおそれのある行為をした場合
      3. 自らまたは第三者を利用して、他方当事者に対して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞を用いるなどした場合
      4. 自らまたは第三者を利用して、他方当事者の名誉、信用等を毀損し、または、毀損するおそれのある行為をした場合
      5. 自らまたは第三者を利用して、自身や、その関係者が暴力団等である旨を関係者に認知させるおそれのある言動、態様をした場合

 

 

 

第13条(情報の管理)

  1. 当社は、登録情報ならびに会員によるClinical Cloudの利用を通じて取得した情報を、以下の目的に利用します。利用目的を超えた利用はいたしません。
  1. アカウント発行時の個人認証その他手続き
  2. Clinical Cloudの提供及び利用に伴う連絡、メールマガジン、ダイレクトメールその他当社からのお知らせ等の配信、配布
  3. 閲覧情報等の利用状況の分析及び当該分析結果に基づくバナー広告、コンテンツ等の配信
  4. Clinical Cloudのサービス改善、新規サービスの開発及びマーケティング
  1. 当社は前項第3号に定める目的で収集した情報について、その目的を達成するため個人名を削除した上で第三者に提供することができるものとします。

 

第14条(機密保持)

    1. 本規約において機密情報とは、申込者または会員がClinical Cloud利用期間中、本規約に関連して当社または申込者もしくは会員の一方 (以下、「被開示者」という。)が他の当事者(以下、「開示者」という。)から開示を受ける情報であって、開示の方法、形態および媒体を問わず、機密であることを表示することにより開示される情報並びに本規約の内容をいいます。
    2. 次の各号に定める情報のいずれかに該当することを被開示者が書面により証明できる情報は、機密情報に含まれないものとします。

(1)開示を受けた、または知得した時点で、すでに公知であった情報または被開示者が機密保持義務を負うこと   

    なくすでに知得していた情報

(2)被開示者の責めに帰すべからざる事由により公知となった情報

(3)被開示者が機密情報によらず独自に開発した情報

(4)法令の適用によって開示義務のある情報

(5)被開示者が正当な権限を有する第三者から機密保持義務を負うことなく適法に取得した情報

    1. 申込者、会員および当社は、開示者の書面による事前承認なしに、開示者の機密情報を第三者に開示または漏洩してはならないものとします。万一、開示者の書面による事前承認なしに機密情報の開示または漏洩があった場合は、直ちに書面をもって開示者に通知しその指示を受けるものとします。なお、この通知義務によって、第5項および第6項に定める開示者の権利は一切損なわれないものとします。
    2. 申込者、会員および当社は、開示者の機密情報を本規約の履行に必要な場合を除き、その他のいかなる目的のためにも使用しないことに同意します。
    3. 機密情報に関する一切の権利は、その機密情報の開示者に帰属するものとし、被開示者は開示者の著作権、工業所有権その他一切の権利を侵害してはならないものとします。
    4. 機密情報の開示者は、被開示者が本規約に違反した場合、または被開示者の責任により第三者に機密情報を漏洩した場合は、被開示者に対して損害賠償を請求することができるものとします。ただし、第2項に定めるものは、その限りではないものとします。
    5. 第2項第4号に定める情報については、被開示者は、開示者が機密情報を保護するための手段がとれるように、機密情報の開示前に開示者に通知することに同意するものとします。
    6. 本条項は、本規約を補完するものとしてその効力を有するものとします。

 

第15条(損害賠償)

    1. 当社は、Clinical Cloudの利用に伴い申込者または会員に生じた損害について、当社の故意または重過失による場合、既に支払いを完了した当該年度のサービス利用料の合計金額を限度としてその損害を賠償する責任を負うものとします。

 

第16条(分離条項)

  1. 裁判所の判断またはいずれかの法令の定めにより、本規約のいずれかの条項が違法、無効又は矯正不可能とされたとしても、他の条項の適法性、有効性又は強制可能性に何らの影響も及ぼさないものとします。

 

第17条(準拠法および裁判管轄)

1.本規約は日本法を準拠法とし、本規約に関連する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

 

 (附則)

  1. 本規約は2018年4月1日より実施するものとします。