地域医療構想-傾向と対策-全7篇

地域医療構想-傾向と対策-

(Clinical Cloudオリジナルコンテンツ)

内容

国が推し進めている地域医療構想は各都道府県ごとに対策が考えられています。
広島県を例に地域医療構想の傾向と対策を知りましょう。

-Part1-

□地域医療構想の概要
□日本の人口動態
□都市部の高齢化スピードは凄まじい

-Part2-

□75歳以上は2030年が概ねピーク
□各県の病床数の差
□なぜ地域医療構想が必要なのか?
□医療構想を考える上で、エリアの規定をどうするか

-Part3-

□病床機能報告制度の概要
□病床機能報告制度での機能区分について
□今後のスケジュールについて

-Part4-

□各県の地域医療構想について
□広島県の人口動態について 市町別
□人口動態について 認知症高齢者数の推計

-Part5-

□療養病床及び介護施設・住まいの推計
□2025年必要病床数と現状病床数とその差

-Part6-

□将来あるべき医療・介護提供体制を実現するための施策
□地域医療構想の推進体制
□今後のスケジュール

-Part7-

□広島県の各構想区域の詳細 現状機能の統計
□広島県の各構想区域の詳細 患者流出入状況
□広島県の各構想区域の詳細 推計必要病床数と現状のギャップ
□広島県の各構想区域の詳細 現状と課題

関連動画 一覧へ